人生訓

日々よりよく生きる方法を模索しています。人生について何も思わずにはいられません。少しでも元気や勇気が出れば嬉しいです。楽しく過ごすアイデアなどを考えています。

人生訓

本当の友達とは

本当の友達とは一般的に悩みを打ち明けると力になってくれる相手である。しかし心を許して安心して何でも話せる友達は本当にいるのだろうか。
人生訓

人は分かり合えないが体験を共有できる

親子、きょうだいしまい、夫婦や恋人同士、友人同士で気持ちが分かり合えることがあるだろうか。あるとすれば気持ちのごく一部だろう。他の人の苦労は自分が経験してみないとわからない。
人生訓

結婚のメリットと注意点

結婚について。ほとんどの日本人は結婚する事実。相性が良ければ最高の人生が保証されている。だが中には結婚に踏み切れない人もいる。結婚のメリットについて考える。
人生訓

幸福になるたった一つの方法

幸せになれる方法は一つではない。だけど幸福感を得られる方法が一つだけある。それは今あることに感謝することだ。幸せの本質は現状が改善されて欲望が満たされること。
人生訓

自己啓発や人生訓は役に立つのか

大きな悩みがある時に人生訓や自己啓発は役に立つのでしょうか?受験や就職・結婚といった人生の大きな節目に悩みはつきものです。その時に読むのが哲学者や偉人の人生訓。
人生訓

孤独は嫌だ!逃れる方法は無いのか?

人生百年時代。寿命が延びた分だけ孤独の時間も伸びました。誰もが嫌がる孤独について考えました。人は群れの動物なので孤独に弱いことが統計で示されています。
人生訓

虚しさとは何か?虚しい気持ちについて考える

虚しさとは心にぽっかり穴が開いたような感情・気分のことをいう。考えてみれば喪失体験と虚しさは関係のある現象のように思う。見捨てられ体験も虚しさに通じる。努力では埋まらない心の空白にどう対処すればよいのだろうか。愛する人との別れや老け行く己の人生を思うと虚しさを感じずにいられない。
人生訓

幸せは存在するかしないか自己啓発書を読みつくした私がたどりついた答え

幸福は存在するのだろうか。幸せに誰もがなりたいと願う。そんな時は何かと比べて少々の不幸せを感じているものだ。だがほとんどの時間はそのように思うことはない。それは忙しく日常を過ごしているからだ。暇な時やストレスに感じる出来事があった時にこう思う。
人生訓

敗者の生き方-勝ち組負け組という価値観にやられる多数の人々

勝ち組負け組というい言葉がある通り、世の中は残酷なものである。敗者はどうやって生きていけば幸せになれるか考えたがつらい感情が芽生える。経済的に恵まれた環境にない人が敗者と定義づけられる。学校、会社、スポーツ競技などあらゆる場所でだ。
人生訓

ストレスについて自分の体験をもとに考えた対処法

今まで多くの学者がストレスについて研究してきました。ストレスを一言で表すと嫌な出来事があったり迫ったりして緊張して体の状態がいつもと違う感じになることです。
タイトルとURLをコピーしました