フランス語のduは定冠詞なのか前置詞なのか見分ける方法がわかった!

フランス語のduは部分冠詞なのか前置詞と定冠詞なのか?

「まいにちフランス語」というNHKの語学テキストで勉強して10か月目。”duデュ“は部分冠詞なのかそれとも前置詞と定冠詞のどちらかなのかわからない。私のノートには部分冠詞といって数えられない物に対して使用すると書かれています。そして、前置詞”deドゥ“と定冠詞”le“の縮約でもあると書いてあります。”duデュ“が本文中に出て来ると一体どちらに属する品詞なのか毎回迷います。良い見分け方法は無いのでしょうか!?

duの見分け方

de temp まいにちフランス語 2022年2月号を学習中

例文中の”duデュ tempsトン“という箇所です。まいにちフランス語2022年2月号のLesson50の会話文から6文字だけテキストから引用させてもらいました。その前後の文脈からしてすばらしい時間を過ごしたということが言いたいのだと思います(教科書の翻訳では良い天気と訳されています)。辞書でtempsという単語を調べてみると「男性形の名詞で時・時間、時期、季節」という意味です。残念ながら私が使っている辞書にはお天気という意味はありません。”tempトン“が男性形ということは冠詞が不定冠詞の”unアン“あるいは定冠詞の”le“が付くはずです。では、部分冠詞では”deドゥ le tempsトン“ということになりますが、前置詞と定冠詞でも”deドゥ le tempsトン“となりますね。さて、この”tempトン“は数えられる名詞なのでしょうか?私は数えられると思います。だとすれば”du”は前置詞と定冠詞の縮約形ということになりますが、本当なのでしょうか?

辞書で調べる

再び辞書を見てみると、例文のすべてに”le tempsトン“や”deドゥ tempsトン“と書かれてありました。つまり”duデュ tempsトン“は”deドゥ le tempsトン“の縮約形ということです。勘のいい人はこれでもうわかりましたね!?私も今わかったところです。”duデュ“が部分冠詞なのか前置詞と定冠詞の縮約形なのか見分ける方法は辞書を見て調べれば良いのです!部分冠詞”duデュ“が付く単語であれば辞書に”duドュ 単語”と載っているはずです。そうでなく数えられる単語の定冠詞であれば”le 単語”という形で辞書に載っています。

これで「部分冠詞」と「前置詞と定冠詞の縮約形」の見分け方がわかりましたね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました