まいにち中国語 丸尾誠先生のラジオ講座の学習体験記

まいにち中国語 NHK語学講座 ラジオ

2021年4月から2022年3月にかけてNHKラジオ第二放送で「まいにち中国語」が放送されました。講師の先生は名古屋大学大学院の丸尾誠先生と声優のりゅうセイラさんと俳優のりゅう鐘徳しょうとくさんです。初めて中国語を学ぶ私にとってはたいへんわかりやすい内容で繰り返し聴講しても楽しく学習を続けることができました。前期講座と後期講座は同じ内容でしたので追加でテキストを買う必要もなく学習したことを定着させることができました。後期講座は「ステップアップ中国語」を併用して勉強しました。

最新号のテキストのご購入はこちらからどうぞ!
  1. まいにち中国語 2021年度講座ノート
    1. 2022年2月号=2021年8月号のノート
      1. 様態補語
        1. 動詞+得+很+形容詞
        2. 動詞+得+真+形容詞
        3. 動詞+得+太+形容詞
        4. (動詞+)目的語+動詞+得+様態補語
      2. 程度補語1 得がある場合, “再~也…”
        1. 要命
        2. 厉害
        3. 再~也…
      3. 程度補語(2)得がない場合 V着V着
        1. 程度補語(2)得がない場合
        2. V着V着
      4. A就A
        1. 結果補語
        2. A就A
      5. 結果補語(2)V在
        1. 結果補語(2)
        2. V在
      6. V给
      7. 複合方向補語
      8. 方向補語の派生義
      9. 可能補語
      10. 吧構文
      11. 受け身表現 日中同形語
      12. 命令文
      13. 祝~ 一~就 ことわざ 成語
      14. 连~也/都・・・ 没想到 よく使われるVOの組み合わせ(1)
        1. 连~也/都・・・
        2. 没想到
        3. よく使われるVOの組み合わせ(1)
      15. 感嘆文 外来語 ~来着 好~
        1. 感嘆文
        2. 外来語
        3. 来着
        4. 好~
      16. よく使われるVOの組み合わせ(2)
    2. 2022年3月号(2021年9月号)
      1. 主題
      2. 各種情報(特定・不特定/既知・未知)
        1. 存在を表す場合
        2. 出現・消失を表す場合
        3. 値段を聞く言い方
      3. 語気助詞 形容詞の重ね型
        1. 形容詞の重ね型
      4. 概数表現 非名詞性の主語「就」
        1. 概数表現
        2. 非名詞性の主語
      5. 疑問詞の非疑問用法(1):不定の意味を表す方法、発音あれこれ
        1. 不定の意味を表す用法
        2. 発音あれこれ
      6. 疑問詞の非疑問用法(2):任意のすべてを指し示す方法、類義語
        1. 任意のすべてを指し示す方法
        2. 類義語
      7. 疑問詞の非疑問用法(3):疑問詞の呼応用法、~啊・・・啊
        1. 疑問詞の呼応用法
        2. ~啊・・・啊
        3. 発音あれこれ(2)多音字
      8. 否定の強調表現 反語表現
        1. 否定の強調表現
        2. 反語表現
      9. 複文
  2. 感想

まいにち中国語 2021年度講座ノート

中国語は日本人にとって親しみやすく、既に漢字の意味を知っているので習得しやすいです。こんなに簡単なのに、今までどうして学ばなかったのだろうと後悔しています。繰り返し言います、中国語は英語を習得するよりも簡単です。私のような学のない者にでも容易に思える言語です。

2022年2月号=2021年8月号のノート

このラジオ講座を2度聴いたとしてもそっくりそのまま暗記することはできません。何となくこんな文法があったなという程度にしか覚えていませんでした。より詳細に思い出すためにはこのページに要点を書き記したほうがよいと思ったので(もう二度と放送されないので)学習の証として残したいと思います。

様態補語

様態補語ようたいほごとは、動詞+dehen+形容詞や、zhen+形容詞tai+形容詞が付いて「~するのが…だ」という文を作ります。ヘンを「とても」と訳すことは無いと先生はおっしゃいました。

動詞+得+很+形容詞

「~するのがとても…だ」という意味です。

動詞+得+真+形容詞

「~するのが本当に…だ」という意味です。

動詞+得+太+形容詞

「~するのが…すぎる」という意味です。

(動詞+)目的語+動詞+得+様態補語

「…を~するのが…だ」という意味です。

様態補語の他には怎么样zennmmeyang「どうですか」の使い方や正是zheng shi「「ちょうど…だ」という意味の副詞を使った様態補語のレッスンがありました。

程度補語1 得がある場合, “再~也…”

文の中に動詞を入れずに様子を表す方法を学びました。連用修飾語でも程度補語の文でも同じ内容を表現することができます。主語+形容詞+得+程度補語という形で文を組み立てます。つまり、程度補語というのは副詞のことです。程度補語はhen(とても)や不得了budeliao(すごく)などの副詞を使います。このときに很は「とても」と訳します。

要命

要命yaomingは程度補語です。「しかたがない」「たまらない」という意味です。品詞は形容詞です。

厉害

厉害lihaiも「たまらない」という意味です。品詞は形容詞です。

duoは「ずっと」「もっと」という意味です。bi4という前置詞を用いることで「…よりずっと何々だ」という意味を表します。

再~也…

zaiは「もっと」「さらに」という意味の副詞です。yeは「…も」という副詞です。再~也…で「どんなに~でも…」という意味になります。

程度補語(2)得がない場合 V着V着

程度補語(2)得がない場合

形容詞+程度補語

通常、了を伴った形で用いられます。「すごく、ひどく、~でしかたがない」

V着V着

「~しているうちに」

A就A

結果補語

V完「~し終わる」

V错「~し間違える」

V懂「~したことがわかる」

V走「~して行く」

V到「~した状態を持続する」

A就A

「~したままで構わない。」

結果補語(2)V在

結果補語(2)

V到「動作の結果や目的を表す」「至る」

V好「ちゃんと~する」

V住「安定・固定する」

V见「知覚を表す」

V着「目的の達成を表す」

V光「少しも残っていない」

V在

「いる、ある」も結果補語の一種ですが、V在の形で1つの複合動詞のように扱われます。

V给

複合方向補語

方向補語の派生義

可能補語

吧構文

受け身表現 日中同形語

命令文

祝~ 一~就 ことわざ 成語

连~也/都・・・ 没想到 よく使われるVOの組み合わせ(1)

连~也/都・・・

「~でさえ・・・だ。」

没想到

没想到「思いもよらなかった」「思わなかった」動詞+結果補語

想到「思いつく、考えつく」結果補語の否定

想不到「考え付かない」可能補語の否定形

想得到「予想できる」可能補語の肯定形

よく使われるVOの組み合わせ(1)

做+目的語「~をする」

系+目的語「~を結ぶ、締める」

查+目的語「を引く」

擦+目的語「を消す」

接电话「電話に出る」

泡温泉「温泉に入る」

打伞「傘をさす」

感嘆文 外来語 ~来着 好~

感嘆文

好+形容詞!「なんて~なんだ!」

那么+感情動詞+啊!「なんて~なんだ!」

外来語

电脑「パソコン」、咖啡「コーヒー」

来着

文末に用いて、回想する気持ちを表します。「~したっけ?」

好~

「~しやすい」という意味を表します。

よく使われるVOの組み合わせ(2)

打+棒球「野球」

踢+足球「サッカー」

坐+乗り物の名前

骑+乗り物の名前

写字「字を書く」

画画儿「絵を描く」

养+生き物の名前「を飼う」

交+物の名前「を提出する」

做+物の名前「を書く、描く、する」

など。

2022年3月号(2021年9月号)

この号は最終でした。

主題

「~について言えば・・・」という話題となるもの。フォーカスしたい言葉を文の先頭に持ってきます。動作なのか、名詞なのか、人なのか、それぞれ先頭に持ってくる言葉によって会話の焦点が変わります。

各種情報(特定・不特定/既知・未知)

存在を表す場合

場所+有+人・物「~に・・・がいる・ある」

人・物(特定)+在+場所「~は・・・にいる・ある。」

出現・消失を表す場合

主語+動詞+了【既知・特定】

動詞+主語+了【未知・不特定】

動詞+主語+了【未知】

主語+動詞+了解【既知】

値段を聞く言い方

主語+疑問詞+お金の単位?【特定】

疑問詞+お金の単位+主語【不特定】

語気助詞 形容詞の重ね型

確認・推量の語気を表します。

感嘆・催促・命令を表します。

啊が変形したもの。

啊が変形したもの。

形容詞の重ね型

形容詞を重ねることで生き生きとした描写表現になります。

A→AA

AB→ABAB

概数表現 非名詞性の主語「就」

概数表現

左右「・・・くらい」

多「・・・4あまり」

个「・・・数(人・個)」

几「・・・数(回)」

非名詞性の主語

「これこれすることは・・・だ。」

副詞”就”は「すぐに」という意味があります。

疑問詞の非疑問用法(1):不定の意味を表す方法、発音あれこれ

不定の意味を表す用法

疑問詞と吗が一緒に使われます。

什么(何、何か)、什么时候(いつ、いつか)、谁(誰、誰か)、哪儿(どこ、どこか)

発音あれこれ

ピンイン表記と実際の発音にずれがあります。4声→2声、2声→3声。同じ単語でも軽声と非軽声で意味が異なります。

疑問詞の非疑問用法(2):任意のすべてを指し示す方法、類義語

任意のすべてを指し示す方法

什么都~で「なんでも~」という意味になります。什么也+不+道士で「何も~したくない」という意味になります。

類義語

对「(物事)~について、(人など)~に対して」、向「(人など)~に」跟「(人など)~に」

疑問詞の非疑問用法(3):疑問詞の呼応用法、~啊・・・啊

疑問詞の呼応用法

~什么(something)、~什么(something)。「~物をなんでも~。」

谁(who)~、谁(who)~。「人は~。」

英語のsomethingやwhatやwho(関係代名詞)に相当します。

~啊・・・啊

物事を列挙します。A啊、B啊、C啊「Aでしょ、Bでしょ、Cでしょ・・・」

発音あれこれ(2)多音字

同じ漢字でも2通りの読み方があります。行、都、好、少。

否定の強調表現 反語表現

否定の強調表現

疑問詞+也/都+否定形「何も~。」

一点儿+也/都+否定形「少しも~ない。」

再++也/都+否定形「二度と~ない。」

一+量詞+也/都+否定形「一度も~ない。」

连~成/都不~「~さえ~ない。」

反語表現

「私はどうして~ようか、いや~ない。」疑問詞や不を使って表現します。

「~ではないのですか?」不是~吗

「まさか~ではあるまい」难道~吗?

複文

如果/要是~就・・・「もし~だったら・・・。」

因为~所以・・・「~なので(、だから)・・・。」

特意「わざわざ」

不是~而是・・・「~ではなくて・・・だ。」

只要~就・・・「~しさえすれば・・・。」

只有~就・・・「~してはじめて・・・。」

与其~不如・・・「~よりも・・・のほうがいい。」

虽然~但是/可是「~ではあるけれど・・・。」

不管/不论~都/也・・・「~にかかわりなく・・・。どんなに~でも・・・。」

既然~就・・・「~であるからには・・・。」

~、省得/免得・・・「~しないで済むように・・・。~しないように(予防)。」

最新号のテキストのご購入はこちらからどうぞ!

感想

1年かけてこの講座を2回聴きました。初めて中国語を学んだ私にとっては同じ講座を繰り返し聴くことができて有難かったです。最後の月になると集中できず、3月なので気持ちが浮ついてしまいました。セイラさんも劉君も温かなお人柄や細部に至るまでとても気を遣われてご勉強熱心なご様子が伝わって来て好感が持てました。それに対し丸尾先生は簡潔でわかりやすかったものの、ご性格はストイックな方だなという印象がありました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました