岡潔 情緒とは何か

岡潔 情緒とは何か
岡潔 情緒とは何か

岡潔(1901-1978)は日本の数学者です。岡は大阪に生まれ1919年に京都帝国大学に入学し1923年に数学に転向して1924年に卒業しました。11929年から3年間フランスのパリに留学して帰国しました。1936年から1940年の間にをクザン I・II 問題を解決して発表しました。1940年に京都帝国大学で理学博士号を取得しました。1940年から1969年の間、奈良女子大学の教授をしていました。

数学で顕著な功績を修めると同時に、彼は哲学研究を行い情の存在を発見しました。このページでは「岡潔思想研究会」の講演記録を参考に、彼の言う情緒とは何かについて考えたいと思います。

情緒

」「真情」「情緒」は岡潔の哲学の核心です。明治以前の日本人にあって、それ以降の日本人に欠けているものと岡潔は指摘しています。一般的な「感情」といえば、愛や優しさなどといった言葉で形容されますが「情」とはそれらの感情とは別の概念です。

一方でデカルトは感情的なものを退化した人類に見られる劣ったものとして見ています(※この人は理性主義です)。

岡潔は感情ではなく情緒こそが人間の根源のところにあると考えます。

感情

感情とは西洋の概念であり心の表層にあらわれる感覚を言語化したものです。イエス・キリストの愛も岡潔によれば「感情」のひとつに含まれます。ここでは一般的な喜怒哀楽、そして細分化して表現される種々の感情が含まれます。

情とは小川を流れる水のようなもので、この宇宙すべてに存在していると岡潔は言いました。研究会の記録によると、人間の精神は10段階あり、情が最も深いレベルにあると岡潔は考えました。彼の考えによると、西洋の考え方で認識できる心とは「五感」「感情」「知識」「意思」「意識」「無意識(エス・リビドー、岡潔の造語のマナ識)」の領域までとしています。それを第一の心(前頭葉=自我)と名付けます。

岡潔は第二の心の存在(頭頂葉)を発見し、情・知・意に加えて「集合的無意識(ユング心理学の用語)」の下に「真如(仏教用語)」があり後頭葉に「真情(岡潔の造語)」があるとしました。

西洋人が無意識までを自分だと思っているのに対し、日本人は真情までを自分だと思っていると岡潔は分析しました。

道徳

そして道徳は西洋哲学の法や倫理ではなく情だと岡潔は述べています。幸福についても一般的な快楽ではなく情のことを幸福と言っています。人だけでなく動物でさえも情というものがあるので信頼してお互いを支え合うというのです。情に従えば人を傷つけることもなく、情とは儒教の仁に相当するものでもあり、美でもあるのです。

彼の言葉からは「情緒=情=真情=仁」となっておりこれらの文字を同じ意味で使っていることがわかります。儒教の仁の実践は形式的で本質を伴わないものになって政治の道具に使われていると岡は批判しています。

情は濁る

岡潔によると、情は時に濁るものであり、戦後の日本人の情は濁っていると嘆いています。つまり心が汚れているのです。荒廃した日本人は、もはや戦前の日本人ではありません。西洋の知識と資本主義を取り込んだことで心が醜く汚れてしまったのです。そして情が美しい人のことをいじめて社会から排除してきたので日本人はますます日本人でなくなってしまいました。

応神天皇

そして、日本人の心が腐敗していったのは応神天皇からであると岡は指摘しています。おそらくこの辺りから大陸の文明が皇室とともに持ち込まれたので中国と朝鮮の「知」を偏重するあまりに「情」が無視されていったと彼は分析しているのかもしれません。日本の中国化・朝鮮化はこの頃よりはじまったということでしょうか。

岡潔と小林秀雄の対談本「人間の建設」を紹介したいと思います。少し古い文体ですが現代にも通じる内容の対談が行われています。おすすめしたいです。

考察

数学者であり哲学者の岡潔が言う情緒とは「(たとえ極悪人であっても)他人のために痛む心」のことであり「思いやり」であり「(極悪人をも哀れむ)ほんとうの優しさ」であるというのが彼の説を少し学んでみただけの私の結論です。

私は哲学のような難しいことはなにひとつわかりませんが、ニュースを聞いたときに痛む心のことが情緒なんだと思いました。要するに、心が痛まない人は情緒が退化していると岡潔は嘆いているのです(理論的にはデカルトのほうこそ退化した人類であるといえますが、岡はそのような考えを好まないでしょう)。

現代は岡の言う退化した精神であるほうが有利に生きられる世の中です。それと同時に世界がどんどん壊され破滅に向かっているのも人心が荒廃してしまった証と彼は考えているようですね。

もしかしたら何万年も後には人は単なる野生動物にまで退化しているかもしれません。

日本人の処罰感情

私たち現代日本人の多くが、悪いことは悪いことで罰せられなければならないものであり同情してはならないものと小学校などから親や先生に刷り込まれてきました。遅刻しただけで罪となり、それに見合わない攻撃が行われることもしばしばです。大河ドラマでも「ならぬものはならぬ」という決め台詞がありました。司法制度でも悪いことをした人は大した更生の機会も教育も与えられずに野に放たれ、自称善良な市民による拒絶という脅威に晒されています。

これらの無実の人々に対してすらハエ叩きが行われるような情け容赦のない文化は中国・朝鮮からもたらされたものであって、岡潔にとっては日本人の心ではないのでしょう。そのルーツが朝鮮半島や中国に色濃く残っていることは現代の隣国を見ても明らかです。

岡潔の理論によると、私たちが堂々と日本人であると言えるのは、中韓や西洋の害を消した時といえましょう。その真実性はさておいて。

アメリカの場合

米国では死刑囚であっても弁護によって死刑を免れるケースが多々あります。それだけ凶悪犯罪が多いということはさておき、日本では一度極刑になると取り消されることはありません。日本の高い有罪率(99.9%)は裁判で内容がよく吟味されていないことを証明していると思います。米国では冤罪(証拠がないのに投獄されること)がかなりあることが明らかとなっていることからも99.9%有罪はあり得ないことがわかります。もしかしたら日本人の裁判官の情緒が不正な判決を導いているのかもしれませんね。

情緒と甘え

私は岡潔の情緒を調べているうちに土居健郎の「甘えの構造」を連想しました。岡の言う「情」と土居の「甘え」は一体何が違うのでしょうか。

「おばあちゃん大好き」「お父さん大好き」「お母さん大好き」「先生大好き」「猫ちゃん大好き」「何々大好き」と子どもやいい年の大人が言った時の幸せな感情は「甘え」であると私は思います。

それは子ども(大人子ども)が依存対象に援助を求める姿です。韓国ではそんな言い方はまずしません。あるとしても「オンマ(韓国)」「ママ(中国・イタリア)」「マミー(米国)」など子どもが親を呼ぶときの一瞬の感情だと思います。

例に挙げた肯定的な感情の場合は問題ありませんが、嫌な感情を相手にぶつける時は最悪な事態が起こります。

この対象への純粋で幼稚な気持ちが大人になっても抜けずに(忘れられずに)あらゆる対象に向かって表現することがDVやクレーマー、ハラスメントなどを含む暴力の原因であると私は考えています。

お客様に対して幼稚な発音で「いらっしゃいませ」と言わされる女性を見たことの無い日本人はいないと思います。それを望んで従業員にさせたのはオジサンやお爺さんです。オジサンが売り子の女性を遊女か本気で勘違いしている日本人も見たことがあるでしょう。

私はこれらの現象も情であり、西洋人にも一般的に見られる情緒であるように思います。情が磨かれていない例であるように思います。

熟考と情

人の気持ちを思いやるという行為は(極悪人を含む)相手のことについて深く考えた経験がないとできないことです。それには窮状に対する想像力と気持ちの理解力が必要です。つまり考える力のない人に苦しんでいる人の気持ちはわかりません。

しかし人を思いやるのに学歴や知識の量は関係ありません。本当に賢い人とは、学歴や職歴を持つ人のことではないのです。

武田信玄は情の厚い人であることがわかります。上杉謙信も同じように情の厚い人でした。二人は互いのことを思うことで敵同士でありながら理解し合えたのです。そこに深い情があったことは言うまでもありません(男色も関係していたかもしれません)。

他者の心理を推察する習慣は何も日本に限られたものではありません。韓国人も中国人も、西洋人も同じです。だからこそ小説が書けるのであって、情の認識は岡潔が言うような日本人独特のものではないと私は思います。

情緒=魂を磨く

19世紀ごろの西洋の哲学者や文筆家も、岡潔も情緒を磨くことをすすめています。それは魂をも磨くことであり、一般的な言葉でそれを自分磨きと言います。

しかし残念なことに現代では日本人のほうが薄情であることがデータで示されています。日本は世界で有数のトラブルの際に他人を助けない民族になってしまいました。民心の荒廃が出生率や結婚率、虐待件数などにも退廃した日本人の姿が表れているようです。

注意点

この記事はYoutubeやウェブページから知った哲学者岡潔のことを私なりに理解するために書きました。情について理解できなかったので、色々調べてわかった風なことを書いているだけであります。実在した岡潔の考えをしっかり解説しているわけではありません。

確かに西洋人は仕事と友人の人間関係を明確に区別しています。友人に対しては思いやり厚く、仕事の人間関係に対してはその場限りです。しかし、日本人は気に入った人に対しては公私の区別をしない「情」はまだ田舎においては生きています。

日本人はいつまでたっても恩人に対して「情」を持っているのです。それを西洋人は迷惑に思ったりバカにすることがあります(※私の実体験です)。その事実からは岡潔が西洋人が情ではなく理性で人の重要性を区別している説が当てはまります。

だからといって西洋人の底が浅いなどと言うのは間違っています。情動を克服していることに対して彼らは誇りを持っています。カントは感情的な日本人やアフリカ人を退化した人類として見下しました。

となると、西洋人の「愛している」は付き合っているから「愛している」のであって「情緒的に愛している」とは違うかもしれません。「タイタニック」は間違いなく純粋な「情」によるものではありますが。

韓国や中国ドラマでは確かに「仁」を重視していることがわかります。特に韓ドラでは「仁」と「情」が混ざったような強烈な心理描写がありますが、中国ドラマでの「仁」は命がけで果たすことがあっても感情的にはなりません。

果たして情緒を磨き、感情に敏感であることがよいのか私にはわかりません。あくまで私が体験したケースなので、みなさんも体験してみるとよいと思います。

タイトルとURLをコピーしました